• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
2022年 paper blanks ハードカバーダイアリー
2022年 paper blanks ハードカバーダイアリー
映える「ダイアリー」 重厚感のある洋書のようなハードカバーのダイアリーです。 映えます。 うちの娘が実際にこれを使っているのですが、 ZOOM中にスケジュールを各自確認する時に これを画面に広げた瞬間みんな一瞬「え?」ってなります。 見た目のカッコ良さはもちろん (私の下手な写真では良さが半分も伝わっていないと思うのですが)、 書き心地も十分。 持続可能な森林から得たパルプを原料とする中性紙が使われており、 水性ボールペンや万年筆で書いても裏うつりしません。 毎日書くものだから、書き心地は重要ですよね。 ヴェルヌはマグネット式カバー シラーズとターコイズはゴムバンドが付属しています。 フォーマットは月間ブロックダイアリー(2021年11月から収録)と、 パーソフォーマット(左側に1週間、右側にノート 2022年1月から収録)。 スケージュール管理はもちろん、 日記としても使いやすい仕様となっています。 何より、使用した後も保管していたいダイアリーです。 本棚に並べても絶対に映えます。 サイズ:130x180mm ページ数:176 その他仕様 ・見開き1週間 ・バーソフォーマット ・日本の祝日掲載 ・月間カレンダーに六曜と月齢掲載 ・スマイス式糸綴じ製本 ・栞紐2本付き ・情報ページの入った別冊MINIノート
¥2,640
ペルパネプ ノート
ペルパネプ ノート
コクヨから、ペルパネプというブランドが登場しました。 紙を良くしよう。 ペンを良くしよう。 この二つの相性に注目したシリーズです。 PERPANEP(ペルパネプ)というブランド名は、 PAPER と PEN を組み合わせたアナグラムでできています。 紙(PAPER)とペン(PEN)のコンビネーションを考え、 デザインされました ツルツルとサラサラとざらざらの紙質に、 3.4.5.ミリの方眼罫、4ミリのドット罫、6ミリのステノ罫。 はっきり言って、販売店泣かせのラインナップの多さです。 ややこしいったらありゃしない!! まずは、ツルツルのご紹介。 誰にでも好かれるタイプの紙質かと思います。 まるで無重力かのように軽いタッチでペンが走る超高平滑のオリジナル原紙。 思考の妨げになる引っかかりをできる限り無くし、なめらかな曲線や途切れない直線が、筆圧をかけずに軽いタッチで書き出せます。また、インクの濃淡が出やすく、文字や線の表情を味わえます。 とのことです。 サラサラ 質感や書き味にこだわり、さまざまな種類の筆記具との相性を追い求めたオリジナル原紙。 滲みや裏抜けがしにくく、微細な凹凸が織りなすいつまでも触れていたくなる心地よさを感じながら、 軽やかでスムースな筆記感を味わえます。 サラサ好きな方はこちらみたいです。 以外にも、シャーペンの相性もツルツルよりサラサラらしいです、 好みにもよると思いますが。 最後に、ざらざら ザラッとした筆感がありながらも、沈まず軽いタッチでペンがすすむオリジナル原紙。あえて表面に粗さを残して紙全体を固めに仕上げ、パルプ繊維のザラザラとした表情を指先で感じながらも軽やかで落ち着いた書き味です。 また、インクの濃淡が出やすく、文字や線の表情を味わえます。 万年筆はざらざらが書きやすいということです(私はサラサラ派ですが)。 書き味と紙質との相性はとーーーーーーっても個人差があるので、 できれば店頭の試筆用紙でお試しください。 そして、個人的に、紙質よりペルパネプノートの特長として、 中央差のないフラット製本!が断然おススメです。 是非、お気に入りの1冊を見つけてください。 製本様式/フラット製本 ●サイズ:3号(A5) ●タテ・ヨコ:210・148 ●罫内容:いろいろ ●枚数:60枚
¥990
看板犬のいる文具屋さん
兵庫県西宮市馬場町4-20
TEL: 0798-22-1819 ネットショップ担当者が店舗に不在なことが多いため、お問い合わせはメールにてお願いいたします。
E-mail:info@yasudabungu.co.jp